<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
満月の日3
ほったらかし携帯散文つづき。
今日は満月。

ジンさんは、満月の日には外出しない。

言われた言葉を頭でおさらいして、何故?という疑問が浮かぶ。私には満月、と外出しない、を、イコールで結ぶことが出来なかったから。

それが顔に出ていたのだろう、ジンさんはしばし私を見つめて、
「詳しくは話せないが、…魔法が関わっている。満月は、―――正しくは"満月の光"が、俺にとって良いものじゃない。だから、窓も扉も出来たら閉め切っておいてほしい。おかしな話かもしれないが…よろしく頼む」
と、言った。

満月の光が、ジンさんにとっては、よくないもの。
私は魔法に詳しくないからそれがなにを意味するかわからないけれど、"よくないもの"―――その部分だけは理解できた。

「わかり、ました」
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Design & Material: ***
管理者ページ/ RSS1.0/ Atom0.3